アフリカ西部のエボラ出血熱が拡大 国境なき医師団「死者数の点で過去に例を見ない」

印刷

   アフリカ西部で感染拡大が続くエボラ出血熱の問題で2014年6月24日、国際医療支援団体「国境なき医師団」は対応能力の限界に達し、感染制御には各国政府と援助団体の大規模な対策が急務であると発表した。

   プレスリリースによると、ギニア、シエラレオネ、リベリアの3か国の計60か所で患者が確認され、治療と流行抑止は難しい状況にある。流行が発生してからの発症例は528件、死亡例は338件あった。「今回の流行の規模は地理的分布と感染者・死者数の点で過去に例を見ない」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中