2018年 11月 14日 (水)

入場するまで10時間待ち、入ると今度は水も食べ物もなく、トイレにも行けない 「タイバニ展」大混乱、ファンの抗議で運営側が謝罪

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   超能力を持つヒーローたちが世の中の平和を守る大ヒットアニメ「TIGER & BUNNY(タイガー・アンド・バニー)」の歴史を振り返る展覧会が東京池袋で開催され、ファンが殺到した。12時間並んでも会場に入れない人も出た。中に入って物品を買うために並ぶと、水も食べ物も口にできない、トイレにも行けない。そんな「阿鼻叫喚」な状況にファンの怒りが爆発した。

   この「タイバニ展」は2014年3月から大阪や名古屋、福岡で開催され、東京が最終だった。東京以外の開催地でも似たようなことが起こっていて、ファンは「運営サイドは過去の混乱を全く反省していない」とツイッターなどで批判した。

混乱は収まらず、体調不良を訴えるファンも

   14年6月24日午後5時44分にこんなツイートが出た。

「ねぇ!聞いて!!タイバニ展並び始めてから10時間半だよ!!入り口見えたよ??」

   その後、別の人が、

「タイバニ展に並び始めてそろそろ12時間、入場して2時間経ちますが、ここから物販まで3時間掛かるとアナウンスがありました」

   場所は池袋サンシャインシティ ワールドインポートマートビル4Fで、約1570平方メートルの広さの会場だ。ここから2000人といわれる長い行列がビルの屋外まで続いた。途中で雷雨があり、屋根のある場所に避難することにもなった。多くは始発電車で来て午前5時過ぎから並んだが、午後2時を過ぎても会場に入れない。会場に入ると地獄的状況が加速する、といった状態だ。

   こういうイベントの場合、ファンの最初のお目当てはオリジナルグッズの購入だ。しかも東京限定販売のバッグ、タオル、パン缶など多数用意されているため売り場に行く。しかし、そこにも行列ができていて、3時間待ち。人気グッズはすぐに売り切れてしまうため、お目当ての品が無くなったのを知らずにずっと並んでしまうことになる。おなかがすいても喉が渇いても、会場では飲食が禁止されている。そしてトイレが会場にはない。再入場できないから我慢するしかないのだが、どうしてもの場合はタイバニ展のスタッフに付き添ってもらうことになるが、そのスタッフが見つからない。

   午後2時過ぎには入場規制が行われ、入場待ちの後方ファンは会場に入れない可能性が出てきたとして入場チケットの払い戻しが発表された。それでも混乱は収まらず、体調不良を訴えるファンも現れた。これを見かねた一部のファンは運営サイドに状況の改善を求め交渉を行った。午後5時過ぎにツイッターで、場内での室内待機列での飲食がOKになったことや、トイレに付き添うスタッフが増える、など交渉の結果が報告された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
【プレゼント企画実施中】秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中