小保方氏、STAP検証実験のため出勤 3か月ぶり姿見せる

印刷

   理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーが2014年7月2日、STAP細胞の検証実験に参加するため、同所の発生・再生科学総合研究センター(神戸市)に出勤し、14年4月9日の記者会見以来約3か月ぶりに報道陣の前に姿を現した。

   検証実験は7月1日から始まったが、この日小保方氏は体調不良を理由に欠勤していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中