2019年 10月 23日 (水)

「結婚を前提にお付き合いができる女性を募集します」 「号泣」野々村県議の過去ツイート「必勝当選!絶対結婚!!」話題に

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   政務活動費の不明朗支出を指摘され、2014年7月1日に行った「号泣会見」で突如世間をにぎわすこととなった野々村竜太郎兵庫県議(47)。

   インターネット上では会見の一部始終に加え、早くも過去に投稿していたツイートの数々が話題になっている。

「兵庫県議会が憎い。兵庫県議会が憎い。兵庫県議会が憎い。」

ツイッターアカウントを突然、非公開設定に(画像はツイッター画面のスクリーンショット)
ツイッターアカウントを突然、非公開設定に(画像はツイッター画面のスクリーンショット)

   野々村県議は2010年1月にツイッターアカウントを開設した。現在は「野々村竜太郎(ののちゃん県議)」というアカウント名で日々の活動などを報告しているが、過去には驚きのツイートもあった。

   その一つが兵庫県議会に対する不満を訴えたものだ。2012年2月15日、

「兵庫県議会が憎い。兵庫県議会が憎い。兵庫県議会が憎い。兵庫県議会が憎い。兵庫県議会が憎い。兵庫県議会が憎い。兵庫県議会が憎い。兵庫県議会が憎い。兵庫県議会が憎い。兵庫県議会が憎い。兵庫県議会が憎い。この世界を必ず兵庫県民の信託に応える世界に変えてみせる」

と、怨念を爆発させたようなツイートを投稿していた。「#hyogo」というハッシュタグも付いていたため、何気なくタグ検索をかけた人はさぞ驚いただろう。

   同日には、

「兵庫県民の信託よりも、当選回数や党利党略を優先させる兵庫県議会が憎い」
「兵庫県議会よ、舐めるなよ。当選回数や数の論理で決まるのではない。議員の真価は、如何に兵庫県民全体の公共の福祉を向上するために、努力し結果を残すかで決まるのである」

とも書いていた。

   野々村県議は2011年4月に最下位で初当選し、当初の所属政党は自身が代表を務める「西宮維新の会」というものだった(現在は無所属)。そうした自身の立ち位置に起因する議会での扱いに、強い不満を抱いていたようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中