2019年 11月 16日 (土)

パイオニア、オンキヨーと連携 老舗2社が手を組んだ理由

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

    家庭用AV(音響・映像)の名門、パイオニアが、AV部門で香港の投資ファンドやオンキヨーと資本・業務提携することになった。家庭用AVは、ネット音楽配信の台頭などで苦戦している。AVの老舗2社が手を組み、コスト削減を図るとともに、投資ファンド主導で再建を図る。

   パイオニア100%子会社で、家庭用AV機器の企画・製造・販売を行うパイオニアホームエレクトロニクスの株式の51%を、香港の投資ファンド、ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア社に売却。残りの49%はオンキヨーと持ち合う。両社のブランドは維持しつつ、生産や部品の調達、販売面などで協力し、コスト削減を図る。両社の技術力を持ち寄って、新製品開発に生かすことも検討課題となる。

家庭用AV事業を連結対象から外す

AVメーカー、激しい業界再編進む(画像はパイオニアのホームページ)
AVメーカー、激しい業界再編進む(画像はパイオニアのホームページ)

   パイオニアは1938年に東京で設立された福音商会電機製作所が前身。前年に創業者の松本望氏が、国内初のHi-Fiダイナミックスピーカーの開発に成功し、スピーカーの製作を始めた。1962年、世界初のセパレートステレオを発売。1970~80年代のオーディオ・ブームに乗って市場で存在感を高めた。レザーディスク(LD)プレーヤーやプラズマディスプレイなど、革新的な製品も発売し、市場を開拓してきた。

   ただ現在のパイオニアの事業構造をみると、主力はカーナビやカーオーディオなどカーエレクトロニクス部門。2014年3月期の連結売上高4981億円のうち、車部門が7割を占め、営業利益も124億円を稼ぐ。一方、家庭用AVなどホームエレクトロニクス部門は売上高全体の2割で、営業利益に至っては僅か1億円に過ぎない。今回再編の対象に含まれていないDJ機器が、ホームエレ部門を下支えしているのが現状だ。家庭用AV事業を連結対象から外し、本体の収益改善を図る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中