2014年上半期の新車販売、タントがトップ 軽自動車は5年ぶり

印刷

   2014年上半期(1~6月)の車名別新車販売台数は、ダイハツの「タント」が13万5688台(前年同期比92.8%増)でトップとなった。日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が7月4日に発表した。ダイハツの首位獲得は初めて。軽自動車が登録車を含めた上半期販売でトップとなるのは、2009年のスズキの「ワゴンR」以来5年ぶりとなる。

   2位はトヨタの「アクア」が12万3637台(6.6%減)、3位はホンダの「フィット」で12万1764台(68.7%増)、4位はトヨタ「プリウス」10万3974台(21.5%減)の登録車。5位は日産の軽「デイズ」で9万6478台だった。

   以下、ホンダ「N-BOX」、スズキ「ワゴンR」、ホンダ「N‐WGN」、ダイハツ「ムーヴ」、ダイハツ「ミラ」といずれも軽で、トップ10のうち、7台を軽自動車が占めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中