2018年 9月 22日 (土)

ドイツ、シェールガス採掘停止へ 地下水汚染を懸念

印刷

   ドイツ政府はシェールガスの採掘を今後7年間にわたり停止する方針だ。ヘンドリクス環境相が2014年7月4日の記者会見で「ドイツでは当面、フラッキング(水圧破砕)は行わない」と述べたと海外メディアが報じている。

   ドイツではウクライナ問題をめぐってロシアからの天然ガス供給が不安視されているが、シェールガスの採掘にはフラッキングと呼ばれる水圧破砕技術を採用していることから、環境保護団体やビール醸造会社から地下水が汚染されるとの懸念の声が高まっていた。

   政府は地下3000メートル未満の地層でのフラッキングによる採掘を禁止する予定で、2015年初頭までに法案をまとめたい意向。なお、フラッキングの禁止については2021年に見直しを行うという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中