2018年 6月 21日 (木)

ANA国際線、「旅客数×飛行距離」でもJAL上回る

印刷

   全日空(ANA)の国際線の事業規模が、運んだ旅客数と飛行距離を掛けた「旅客キロ」(RPK)と呼ばれる指標でも日本航空(JAL)を上回ったことが、2014年7月8日にANAが公表した14年5月の運航実績の統計で明らかになった。4月には座席数と飛行距離(キロメートル)を掛けた「座席キロ」(ASK)と呼ばれる指標でANAがJALを上回っていたが、航空会社の売り上げに直結するRPKでも同様の結果が出た。14年3月の羽田空港国際線の発着枠がANAに多く配分されたことが影響した。

   JALの14年5月のRPKは前年同期比7.8%増の29億1163万人キロで、ANAは同25.4%増の29億5295万人キロだった。旅客数はJALが同5.4%増の61万9478人、ANAが同20.9%増の57万9616人で、かろうじてJALがANAを上回っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中