2018年 7月 20日 (金)

外国人客宿泊数13年は前年比27%増の3351万人泊

印刷

   観光庁は2014年7月1日に2013年の宿泊旅行統計調査を発表した。それによれば2013年に国内のホテルや旅館に泊まった外国人延べ宿泊者数は07年に調査を始めてから最も多い前年比27%増の3351万人泊となった。主に旅客数の伸びが寄与した。

   国籍(出身地)別外国人延べ宿泊者数ではタイが同76.2%増、台湾が62.8%増、香港が同57.8%増、マレーシアが同54.4%増と大幅に拡大した。宿泊が増えた都道府県は、香川県が同122.4%増、沖縄県が同90.4%増、長野県が同88.4%増となった。

   日本人を含めた延べ宿泊者数は同6.3%増の約4億6721万人泊で、13年の同5.3%に続き2年連続で5%増を超えた。客室稼働率ではシティホテルが75.7%、ビジネスホテルは69.5%で、ビジネスホテルは調査開始以来最も高い値になった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中