2020年 1月 19日 (日)

「スプリット」の投げすぎは肘を壊す マー君の「決め球」、5月には「警告」が出ていた

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   米大リーグ・ヤンキースの田中将大投手は2014年7月9日(日本時間10日)、右肘炎症のため、15日間の故障者リスト入りした。チームドクターの診察を受けた結果、右肘じん帯の小さな部分断裂が判明、6週間の保存療法とリハビリで復帰を目指す。報道によると症状が改善しない場合、通称「トミー・ジョン手術」と呼ばれるじん帯修復手術を受ける可能性もあるという。

   故障の理由は未だ特定されていないものの、米メディアは「スプリットの多投」にその原因を求めているようだ。朝日新聞や読売新聞など日本の大手メディアも同じ見方で、「スプリット」という球種ににわかに注目が集まっている。

スプリットは「両刃の剣」

   田中投手の「決め球」として知られるスプリットボール(スプリット・フィンガード・ファストボール)は現代の魔球と言われ、これまで多くの打者を苦しめてきた。

   フォークボールの一種で、ボールを掴む際、縫い目が人差し指と中指の内側に触れる程度に手を開く。フォークよりも握りが浅いため、落ちる角度は緩いものの、その分速いボールを投げられる。田中以外にもレッドソックスの上原浩治投手やマリナーズの岩隈久志投手、同じヤンキースの黒田博樹投手などスプリットの使い手は多い。プロ野球でも広島東洋カープの前田健太投手が「新たな武器」として今年から習得を始め、話題になっていた。

   しかし、そんなスプリットは現在、大リーグの選手にとって「故障のタネ」となっているそうだ。日本経済新聞の記事(2014年4月6日付)によると大リーグではスプリットの多投は肘に過度のストレスを加えるため、故障につながりやすいという定説があり、今ではほとんど「絶滅種」のような存在となっているという。

   かつてメジャーでは、オールスタークラスの投手へと上り詰めるためにスプリットを習得するパターンが多かった。しかし、スプリットを多用していた投手が相次いで故障すると、各球団は投手に使用の制限を促したという。

   アメリカ・ロードアイランド州の地元紙「プロビデンスジャーナル」紙は4月15日付の記事で、各球団のエース級投手から「トミー・ジョン」手術を受けなければならないほどの故障者が続出している理由は、スプリットの多投にあると指摘した。ストレートやカーブに比べ、スプリットは投球前の肘をねじる動きが大きい。しかし、ストライクゾーンの狭まりなどの理由からスプリットを使う投手は増えているという。

   「絶滅種」なのか「盛んに使われている」のか、各紙の報道によって違いはあるもののケガをしやすい球種であることは間違いないようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中