小保方氏、博士論文に「多数の問題」でも学位は取り消さず 調査委が報告書

印刷

   理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーが2011年に早稲田大学に提出した博士論文について、同大の調査委員会(委員長・小林英明弁護士)は2014年7月17日、調査報告書を大学側に提出した。報告書では、論文には多数の問題点があるとして「内容の信ぴょう性や妥当性は著しく低い」と批判。しかしながら小保方氏の学位取り消しについては、同上の規定上「該当しない」とした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中