女児と成人男性のペアは要警戒? 倉田真由美氏「注視して声かけ」に疑問の声続々

印刷

   岡山県倉敷市で男に監禁されていた小学5年生の女児(11)が無事に保護された。女児にはケガもなく最悪の事態は免れたが、子供の連れ去りを防ぐことの難しさを改めて見せつけた。

   そうした中、漫画家の倉田真由美さん(42)がテレビ番組内で「小さい女の子と成人男性の組み合わせは注視し、時には声をかけるべき」などと主張し、波紋を広げている。

父親ならば「『失礼しました』って言うだけの話」

女児と成人男性のペアを見かけたら、注意してみるべき?(画像はイメージ)
女児と成人男性のペアを見かけたら、注意してみるべき?(画像はイメージ)

   女児が保護された翌日の2014年7月20日、倉田さんは報道番組「真相報道バンキシャ!」(日本テレビ系)にコメンテーターとして生出演した。倉敷市の事件に関連し、女児誘拐事件が相次いでいることについて意見を求められた。

   倉田さんは防犯カメラの設置台数を増やすと同時に、大人が「生きたカメラ」となることも必要だと主張。大人たちが不審者に目を光らせ、街ぐるみで事件の芽を摘みとる重要性を指摘した。その上で、

「特に小さい女の子と成人男性の組み合わせを路上で見かけたら、そのまま通りすぎちゃうんじゃなくて『どういう関係なのかな』『何が起こっているのかな』って注視して、時には声かけをする。『もしもしどうかしましたか』って」

と話した。

   女児と成人男性の組み合わせならば「親子」であるケースが大半かと思われるが、倉田さんは「もし『お父さんなんですよ』っていうことなら『失礼しました』って言うだけの話ですからね」と言い、

「私たちは機械と違って選別できるじゃないですか。特に小さい女の子と成人男性っていう組み合わせはちょっと通り過ぎるだけじゃ済まないようにしましょう…っていつも私も思っているんですけど」

などと持論を語った。キャスターの福澤朗さん(50)も「それはいい考えですね」と同調した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中