NHK会長が小保方氏への強引な取材について謝罪

印刷

   理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)がNHKの記者やカメラマンから強引な追跡取材を受けた問題で、NHKの籾井勝人会長(71)が2014年7月28日に「非常に申し訳ないと思っています」と小保方氏に謝罪した。

   これはNHKスタッフが14年7月23日に小保方氏の帰宅途中をバイクで追い、入ったホテル内のエスカレーターで前後を挟んだり、女子トイレの中まで追いかけ取材しようとした、というもの。これにより小保方氏は首の捻挫と右肘筋挫傷で約2週間のけがを負ったという。籾井会長は「無理な取材は自重しなければいけない」などの見解を示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中