2019年 7月 24日 (水)

タレントが「自分の収入」を語りたがるのはなぜ? 「100%本当」と信じられるのか

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   タレントや有名人が自分の現在の収入や、過去に最も稼いだ額を平気で語る、そうしたバラエティー番組の企画が増えている。タレントの収入を暴くのは、かつては女性週刊誌の十八番だったが、自分からテレビで語るとなれば形無しだ。

   タレントが自分の収入を公表することついて専門家は、制作サイドの企画が不足し、劣化している現れ、と手厳しい。芸のないタレントがプライバシーの切り売りでしか生き残れずそこに行きついてしまったというのだ。ただし、「多くの芸能人は給料制になっているため、口に出した金額をにわかに信じてはいけない」と話している。

坂上忍の月収は1000万円超は本当か?

その額、信じてはいけない?(画像はイメージ)
その額、信じてはいけない?(画像はイメージ)

   タレントの収入の暴露話では、再ブレーク中の俳優、坂上忍さん(46)が2014年4月27日放送の「マルコポロリ!」(関西テレビ)に酔っぱらいながらVTR出演し、「先月の月収は1000万円を超えている」と語ったことが話題になった。「ナカイの窓」(日本テレビ系)の14年3月19日放送では、フリーアナウンサーの富永美樹さん(43)が20年前のフジテレビ局アナ時代1年目で年収1000万円だったと話し、ロックバンド「THE 虎舞竜」のボーカルの高橋ジョージさん(55)の年収のMAXが16億円で、大ヒット曲「ロード」のカラオケ印税が現在も年間1200万円も入ってくるとあっけらかんと語った。

   さらに「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日系)14年5月27日放送分では、ものまね芸人のCHAPPYさんが「ものまね番組で優勝すれば営業のギャラが1ケタ増える」とし、これまで3万円だったのが30万円になった、などと明かした。昨年12月には「ぶっちゃけ告白TV!カミングアウト!」(フジテレビ系)で、加藤浩次さん(45)が月収はいくらだと聞かれ、情報番組「スッキリ!!」(日本テレビ系)の司会をメインに稼いだ月収は1,000万円から2,000万円などと話し、ネットでも話題になった。

   一昔前まではタレントや有名人が自分の収入をテレビで語ることなどタブー視される風潮があったが、どうしてここまで明け透けに語るようになったのだろうか。芸能評論家の肥留間正明さんに話を聞くと、要因は大きく3つあるのだという。

   一つはタレントの収入や私生活などは女性週刊誌が調べ上げ暴露していたのだが、今はタレント側がブログなどで結婚や出産といったプライベートなことを率先して報告するようになり、その延長線上で収入を語ることに関しても抵抗感が薄れてきた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中