富裕層の海外資産は2.5兆円 国税庁が初めてまとめる

印刷

   日本の富裕層が海外に持っている資産が2兆5000億円に上ることが、国税庁のまとめで分かった。NHKが2014年7月31日に初めて明らかになったと報じた。

   これは、海外に5000万円超の資産を持つ人が、確定申告で資産申告を義務づけた「国外財産調書制度」がスタートしたのを受けた。スイスなどのタックスヘイブンに資産を隠すケースもあることからできた制度だ。報道によると、13年末で5539人が1人当たり4億5000万円超の資産を持っていることが申告の結果分かった。資産は、株などの有価証券が約6割と多かった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中