三鷹ストーカー殺人 元交際相手の男に懲役22年判決

印刷

   東京都三鷹市で2013年10月、高校3年の女子生徒(当時18)を殺害したとして殺人罪などに問われていた元交際相手、池永チャールストーマス被告(22)の裁判員裁判で、東京地裁立川支部(林正彦裁判長)は2014年8月1日、懲役22年を言い渡した。複数メディアが報じた。

   池永被告は昨年10月8日に元交際相手の女子生徒宅に侵入し、帰宅した女子生徒の首や腹を所持していたナイフで刺して失血死させたとして起訴された。報道によると、池永被告はこれまでの裁判で起訴内容を認めていて、検察が無期懲役を求刑したのに対し、弁護側は懲役15年が相当と主張していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中