「美人すぎる検事総長」が対ロ制裁リスト入り 政府が閣議了解

印刷

   政府は2014年8月5日、ロシアに対する追加制裁措置を閣議了解した。制裁対象として40個人と2団体が指定され、その中にネット上で「美人すぎる検事総長」などとして話題になったクリミア自治共和国のナタリヤ・ポクロンスカヤ検事総長(34)も含まれた。

   制裁の対象になるのはクリミア自治共和国などのロシアへの「併合」やウクライナ東部の「不安定化に直接関与していると判断される者」で、日本国内の資産が凍結される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中