「B-CAS」が海賊版カード会社を買収の噂 「まったくの事実無根」

印刷

   テレビの有料放送を見るのに必要な「B-CASカード」の海賊版「BLACKCASカード」を扱う台湾企業が2014年8月5日、「BLACKCAS社はB-CAS株式会社に買収されました」とウェブサイトで発表した。

   ネット上では海賊版カード購入者の情報を取得するのが目的ではないかと噂されたが、ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズ(B-CAS社)によると、「買収はまったくの事実無根。今後の対応は検討中」ということだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中