マクドナルド、7月の既存店売上が17.4%も減少

印刷

   マクドナルドの既存店売上高が2014年7月は、前年同月比で17.4%も減少したと、日本マクドナルドホールディングスが8月5日に発表した。

   チキンナゲットの仕入れ先だった中国の上海福喜食品が使用期限切れの食肉を出荷していた問題が影響したとみられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中