2018年 8月 15日 (水)

安倍首相、ヘイトスピーチ対処を検討 舛添都知事要請に考え示す

印刷

   朝鮮人らへのヘイトスピーチについて、安倍晋三首相は2014年8月7日、「日本人の誇りを傷つける」として対処を検討する考えを示した。報道によると、東京都の舛添要一知事とこの日首相官邸で会談し、何らかの規制を要請されたのに答えた。

   安倍首相はまた、韓国の朴槿恵大統領が日韓関係の改善に意欲を示したと舛添知事が伝えると、「同じ考えだ」と応じた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中