2019年 5月 26日 (日)

やっぱり「神の子、不思議な子」 強運マー君、手術回避で新人王に望みつなぐ

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   右腕手術か、と心配されたヤンキースの田中将大が2014年8月4日、キャッチボールを再開し、とりあえず最悪の事態を回避した。

   9月に復帰できれば、苦戦中の名門チームの救世主となることも可能だ。自らの新人王にも望みが出てきた。

マーくんの右ひじ、メス入れず復活

   ボールを握ったのはおよそ4週間ぶり。ヤンキースタジアムで首脳陣の見守るなか、5メートルの距離から投げ始めた。徐々に距離を伸ばし、バッテリー間をしのぐ20メートルを投げた。

「ヒジが大丈夫だったので投げた。恐怖心はなかった」

   田中は久しぶりの笑顔を見せながら語り、さすがにホッとした表情を見せた。

   右ヒジの違和感を訴えたのは7月8日、インディアンス戦に投げた後。ニューヨークに戻り検査を受け、さらにシアトルに移動して精密検査。その結果、翌9日付けで故障者リストに入った。

「手術もありうる」

   球団の見通しは決して明るくなかったが、手術を行わず、カムバックする方法を第一に考え、そのプログラムに沿って調整してきた。メスを入れてしまうと、今シーズンはおろか来シーズンの登板も危うい。

   日本の投手は最近、大リーグ行きの夢を果たした代償として手術をするケースが多い。松坂大輔、和田毅、藤川球児らだ。

「なにしろ初めてのことなので、どうなるか分からない」

   田中の不安は尋常ではなかった。おそらく手術を覚悟していたことだろう。それだけに手術なしでのキャッチボール再開は最高の結果だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中