夏の甲子園、開幕を2日間順延  台風11号で

印刷

   第96回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社・日本高校野球連盟主催)は2014年8月9日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われる予定だった開会式と1回戦3試合を2日間、順延することを決めた。台風11号の接近に伴う悪天候のため、10日も回復しない可能性が高いと判断した。大会が開幕から2日順延されるのは初めて。

   大会は2日ずつ後ろにずれ、11日以降の日程が順調に進めば決勝は25日の予定。21日に予定されていた休養日は23日になる。大会が準々決勝までに計3日以上順延された場合、休養日はなくなる。

   開会式が順延されたのは、第6回大会(1920年)、第42回大会(1960年)に続き、3度目。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中