LINEで中学生脅した維新・山本府議、「除団」処分に

印刷

   大阪維新の会の山本景大阪府議(34)=交野市選挙区=が無料通信アプリ「LINE(ライン)」で女子中学生らとトラブルになった問題で、維新府議団は2014年8月11日の綱紀員会で山本府議を除団処分とすることに決めた。

   山本府議は2013年10月、交野市の祭りで複数の女子中学生らと知り合い、ラインのグループを作って交流を始めた。しかしその後トラブルがあり、グループから外された山本府議は「絶対に許さない」「徹底的にやる」といったメッセージを送信。女子中学生らが学校側に相談し、交野市が府議団幹部に抗議していた。

   問題が報道されたことを受け、山本府議は9日、自身のブログで経緯を説明するとともに「私が中学生に対して使った言葉は、大人が子供に使う言葉としては不適切でした」と謝罪。11日には「けじめをつける」として頭を丸刈りにして委員会に出席したが、「保護者や学校に迷惑をかけたという認識が欠けている」などとして、最も処分の重い除団が決まった。

   報道によると12日に処分結果の内容証明が郵送され、到着から1週間以内に本人からの異議申し立てがなければ、処分が確定するという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中