反日ドラマは「行き過ぎ」 中国共産党紙が異例の批判記事

印刷

   中国国内で制作されている反日ドラマについて、共産党青年組織の機関紙「中国青年報」が2014年8月14日、その行き過ぎぶりを批判する異例の記事を載せたと、日本テレビ系ニュースが報じた。

   報道によると、中国青年報は、「歴史を忘れた娯楽に成り下がっていて、若い世代が本当にあの歴史を認識しているのか心配させる」と指摘した。さらに「我々が日本側に歴史を忘れるなと批判するなら、自らの文化・歴史を遊び事にしてはならない」と、反日をあおるために事実を逸脱することを戒めたとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中