2019年 10月 15日 (火)

「コミケ」初参加で大行列、CD即完売 演歌歌手・小林幸子、ノリの良さでオタクファン掴む

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2014年8月15日から17日まで行われた、同人誌などの展示即売会「コミックマーケット(コミケ)86」に、何と演歌歌手・小林幸子さん(60)が「売り子」として参加した。

   演歌界の大御所と「オタクの祭典」、一見相容れなさそうな2つだが、ふたを開けてみれば小林さんのブースは大盛況。購入できなかった人とも握手して回るなど、オタクのハートをガッチリつかんで帰ったようだ。

購入できなかった客にもあいさつ、握手して回る

   小林さんは「コミケ」最終日の8月17日、「5884組(コバヤシグミ)」というサークルで、VOCALOIDの人気曲「千本桜」を「歌ってみた」曲など5曲入りのCD「さちさちにしてあげる♪」を1000円で販売。本人もブースに立つと告知していた。

   参加者のツイッターによると、当日は小林さんのCDを求める人が始発で会場に駆けつけ、10時の開場を待たずして9時半過ぎから行列が作られた。

   小林さんは紺の浴衣姿、頭には黄色いバンダナを巻いた出で立ちで本当に売り子として登場し、写真撮影や握手に快く応じながら12時40分頃には約1500枚のCDを完売させた。

   完売後、購入できなかった客がまだ列をなしていたが、小林さんは彼らのもとに向かい「完売しちゃってごめんなさい」「ありがとうございました」と声をかけながら1人1人と握手を交わしたという。

   ツイッターでは、会場で小林さんと握手した人たちが「幸子さんが列に向かって『お待たせ~!』みたいな感じで両手上げて手振ってくれた!握手もしてきた!いい人過ぎる」「小林幸子さんから握手求めてくれたし、いつも紅白見てます!って言ったらありがとーって返してくれた」「小林幸子さんに握手していただいた手がまだ温かい。エネルギーを感じる」など、小林さんの「神対応」を口々に絶賛した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中