はてながネット広告主のイメージ低下を防ぐソフトを開発

印刷

   はてなは、フリークアウトと共同で、アドベリフィケーション機能「BrandSafe はてな」を開発したと2014年8月19日に発表した。不適切なサイトへの広告出稿をコントロールするアドベリフィケーション機能を持っていて、フリークアウトの広告配信管理サービス「FreakOut」に組み込んだ。

   アドベリフィケーションとはネット上に配信された広告がユーザーの認識できる場所にきちんと掲載されているか、その掲載場所が企業のイメージ低下を招く場所ではないのか、などをチェックし配信をコントロースする機能。「BrandSafe はてな」は違法ダウンロードサイトやアダルトサイトだけでなく、広告主の指定する掲示板「2ちゃんねる」のまとめサイトについてもリアルタイムかつ高精度に見分けることで企業ブランドの毀損低減が可能だとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中