2019年 11月 21日 (木)

「氷水チャレンジ」大流行に冷ややかな声 「意味がわからん」「強制性が嫌な感じ」…

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者を支援するためのチャリティー運動として、「頭上から氷水をかぶる」ことが世界的なブームとなっている。「氷水チャレンジ」とか「氷水ぶっかけ」と呼ばれている。

   日本でも著名人が次々と挑戦し、SNSなどにその模様を公開しているが、盛り上がりの半面、冷ややかな声も上がっている。氷水をかぶることに何の意味があるのか、「選ばれた人」たちのセレブ気取りが鼻につく、指名されたらやらなければいけない気持ちにさせられるのが嫌だ、などという人が少なくないようだ。

堀江貴文、孫正義、山中教授らが氷水かぶる

氷水をかぶるフローレンス代表理事の駒崎さん
氷水をかぶるフローレンス代表理事の駒崎さん

   「氷水チャレンジ」は、米マサチューセッツ州に住む野球選手で自身もALSを患うピート・フレーツさんらの発案で2014年7月末から始まった。挑戦者に指名された人は24時間以内に、バケツになみなみ入った氷水を頭から勢いよくかぶる動画をネット上で公開するか、支援団体の米ALS協会に100ドル(約1万円)を寄付するか選択しなければならず、さらに次の挑戦者を新たに3人指名する――というルールとなっている。実際は氷水をかぶりながら寄付も行っている人が多いようだ。

   日本ではNPO法人フローレンス代表理事の駒崎弘樹さんを皮切りに、堀江貴文さん、ソフトバンクの孫正義社長、京都大学の山中伸弥教授、ロンドンブーツ1号2号(ロンブー)の2人、浜崎あゆみさんら名だたる著名人が氷水をかぶっている。

   ネット上では「支援の輪が広まるのはいいことだ」などとしてこの運動を支持する声もあるが、「氷水かぶる意味が解らん」「次の人を指名する強制性が嫌な感じ」「セレブ気取りの『遊び』のような感じがする」「そんなことくらいするなら真っ先に皆寄付したらどうなんだろ」など、反発意見が目立つ。誰もが簡単に参加できるわけではないことに引っかかる思いの人もいるようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中