2018年 7月 20日 (金)

「彼は兵士」「諜報員じゃないか」とテロリストに情報提供  「拘束中の男性を危険にさらした」と批判相次ぐ

印刷

   内戦中のシリアでイスラム国のメンバーに拘束されている、湯川遥菜さんと見られる男性の命を脅かしかねない事態が起きている。

   イスラム国の関係者と見られるツイッターアカウントに、「彼は兵士だ」「民間軍事会社のCEOだ」といった情報提供が相次いで行われたのだ。

わざわざイスラム国に情報提供

   湯川さんが拘束されている映像は2014年8月17日までに動画サイト「YouTube」に投稿された。その後、イスラム国のメンバーと思われる「AbuAbdullah」と名乗るツイッターアカウントが「仲間から写真が送られてきた。北アレッポで自由シリア軍とともに日本人を捕まえたのだろうか。彼は武装して、写真家で医者だと主張している」と投稿した。

   これに一部のツイッターユーザーは即座に反応した。英文で「彼は兵士です」「民間軍事会社のCEOです。銃を撃っている写真もある」など、わざわざイスラム国に情報提供をしてしまったのだ。

   その後「AbuAbdullah」は「日本人についての詳細。湯川遥菜という名前で民間軍事会社に所属している」と書き込み、湯川さんが銃を構えているかつての写真を掲載した。湯川さんは拘束時に自らを写真家で医者だと説明しており、上記のおせっかいな情報提供によって素性が割られてしまった可能性がある。

   これらの情報提供は、ほかのツイッターユーザーから「テロリストにツイッターで情報提供する行為」「湯川さんの命を危険にさらした」と批判を浴びた。提供者らは謝罪したり、ツイートを削除したりしたが、複数のイスラム国メンバーが湯川さんを民間軍事会社のCEOであると喧伝する事態になった。

「日本人スパイのハルナ・ユカワを拘束した」

   別のユーザーは「日本の諜報員じゃないか」と書き込んだ。まったく根拠はないが、このツイートをお気に入りに登録したと見られるイスラム国メンバーは、「彼は写真家ではない」「湯川遥菜が田母神と一緒にいる」として、元航空幕僚長の田母神俊雄氏との2ショットを掲載した。

   写真は湯川さんのフェイスブックから引用したものだが、政府や自衛隊と関係がある証拠と見なされた恐れがある。その後、イスラム国は18日まで「日本人スパイのハルナ・ユカワを拘束した」という犯行声明を出した。

   23日現在、シリアの反体制派がイスラム国と湯川さんの引き渡し交渉をしていることなどが報じられている。しかし、メンバーが18日に「日本のスパイ、湯川遥菜を神の判断により処刑した」とツイートするなど、安否はいまだ不明のままだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中