2019年 11月 20日 (水)

マリノスの素早いサポーター処分、ファン評価 「バナナ振るのはマズイでしょ」「浦和の教訓、生かされた」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   サッカーJリーグ「横浜F・マリノス」と「川崎フロンターレ」の試合中、マリノスサポーターがフロンターレの外国人選手にバナナを振りかざす人種差別的行為があった。

   マリノス側はただちに事実関係を確認し、公式サイトで当該サポーターを無期限入場禁止にするという処分内容を発表した。試合終了からわずか数時間以内という素早い対応だった。

欧米では「バナナ」で黒人選手差別が横行

試合開始前にフラッグを掲げる横浜F・マリノスサポーター(23日撮影)
試合開始前にフラッグを掲げる横浜F・マリノスサポーター(23日撮影)

   2014年8月23日夜、「ニッパツ三ツ沢球技場」(横浜市)には大勢のマリノスサポーターが詰めかけた。神奈川ダービーマッチということもあり、スタジアムは熱気に満ち、試合前にはマリノスのチームカラーであるトリコロールの旗がゴール裏からバックスタンド全体を埋め尽くした。

   マリノスは前半2分でPKを獲得。FWラフィーニャ選手が先制点を決め、勢いに乗った。前半35分にはフロンターレのDF登里享平選手が退場して優位に立ち、マリノスの1点リードのまま前半終了に向かっていた。

   そうした中、インターネット上にはテレビで試合を見守っていた人たちからある指摘が上がり始めた。前半41分ごろ、中継カメラが偶然にもマリノスサポーターの問題行為をとらえられていたのだ。カメラがフロンターレのFWレナト選手を追っている間、観客席から選手の方にバナナを振りかざすマリノスサポーターが映り込んでいた。

   欧州のリーグでは、黒人選手に対してサルの好物「バナナ」を投げ入れる差別的な行為が相次いでいる。今年4月にはスペイン・バルセロナの黒人選手が投げこまれたバナナを食べてプレーを続行したことが反響を呼び、その後、世界的な人種差別撲滅キャンペーンに発展した。

   レナト選手は黒人のブラジル人選手だ。ネット上の一部からは、フロンターレはスポンサーの「ドール」とコラボしたバナナ商品を販売するなど「バナナに縁がある」チームだということを指摘する声もあるが、大半が

「これマズイでしょ」
「人間性を疑います。レナトがショック受けてないといいです」
「最悪。差別がどんだけヤバいことか知らない無知」

などとサポーターを批判するものだった。該当シーンを切り取った動画も拡散し、これがほどなくしてマリノス関係者の耳にも届いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中