2019年 7月 24日 (水)

「チケットぴあ」不正アクセス&高額請求の報告ネットに続々 「ぴあ」は自社からの情報流出は否定

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2014年8月上旬以降、大手チケット販売サイト「チケットぴあ」利用者の一部から、「身に覚えのない高額請求が来た」との報告がインターネット上に複数寄せられている。

   公式サイトには今回の不正アクセスについて発表はなく、話が広まるにつれ、利用者から不安の声があがっている。

3か月前には「ぴあ」不正ログイン容疑者が逮捕

情報流出の可能性はないという(画像は「チケットぴあ」トップページのスクリーンショット)
情報流出の可能性はないという(画像は「チケットぴあ」トップページのスクリーンショット)
「なんじゃこりゃ!!!!チケットぴあのIDが不正アクセスを受けて、24万円ものチケットを購入したメールが届きました。早く対応したいのに、ぴあの電話が10時からしかつながらない...」
「チケットぴあから見に覚えのない購入案内が... しかもクレジットカードでの購入で総額9万?ぴあのセキュリティどうなってんの?てかクレジットカードの情報盗まれたのか?」
「妹がぴあでパスワードを不正利用された!しかも問合せ出来ないように問合せ終了時間ギリギリに購入して明日の午後から発券できるチケットを購入とか用意周到すぎて恐ろしい...」

   8月上旬以降、ツイッター上には「チケットぴあ」を通じた被害を訴える書き込みがいくつも寄せられている。請求額はいずれも高額で10万円を超える報告例も一つや二つではない。

   「チケットぴあ」を使った不正購入問題は2014年5月にも発覚した。不正アクセスによってチケットを購入したとして電子計算機使用詐欺容疑で逮捕され、容疑を認めた中国籍の男女6人は、約100人分のIDを不正に使用していた。報道によれば、容疑者らは13年9月から14年3月にかけて約850万円分(約400枚)のチケットを詐取していたといい、チケットは約300万円で転売されたとみられている。

   報道後、チケットぴあは「今回の事案に関する個人情報は、当社サイトより流出したものではありません」と報告していた。

   サイトには現在のところ、最近の不正アクセスについて書かれたものは見当たらず、「不正利用を未然に防ぐためのお願い」という2012年のお知らせ文があるのみだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中