2019年 2月 23日 (土)

「千葉ットマン」正体は40代の独身会社員だった 「みんなを笑顔にしたい」と3年前から活動

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   2014年8月下旬から目撃情報が相次ぎ話題になっていた「千葉ットマン」の正体がついに判明した。

   「千葉ットマン」はアメリカン・コミックの人気キャラクター「バットマン」の姿をして千葉エリアに現れる男性につけられた愛称。バッドマンのバイク「バットポッド」を模した三輪バイクで千葉エリアを疾走する姿がインターネット上で大きな注目を集めていた。

ウォール・ストリート・ジャーナルも紹介

   きっかけとなったのは、ある男子高校生のツイートだ。24日、「千葉の高速にバットマンがいた笑 こんな人いるのかよ」というコメントとともに、隣車線を走る「バットマン」の写真を投稿した。ネット上は一時騒然となり、ツイートは3万4000回以上リツイートされた(28日時点)。

   ほどなくして、「千葉ットマン」の正体を巡り、ある人物の存在が浮かび上がった。以前から完成度の高いバットマン姿の写真をツイッター上にアップしていた男性(@NAWOQIさん)で、「同一人物ではないか?」と思われたようだ。だが、この男性は25日、

本人説を否定した男性(@NAWOQIさん)と千葉ットマンの2ショット写真(画像はNAWOQIさん提供)
本人説を否定した男性(@NAWOQIさん)と千葉ットマンの2ショット写真(画像はNAWOQIさん提供)
「何件か問合せ頂いたので説明しますと、昨日話題になった千葉のバットマンは私ではなく知合いのバットマン。この方が一式揃えた事で前から欲しかった装備を購入する踏ん切りが着いたということでは師匠に当たります(笑)」

として、自身に向けられた千葉ットマン説を否定した。

   それを証拠に2人の「バットマン」が写った写真も合わせて公開し、「写真手前が千葉ットマン、奥が私」と説明した。

   その後もツイッター上には目撃画像がいくつも寄せられたほか、ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)も「'Batman' Spotted in Japan(バットマンが日本に出現)」との記事を掲載、27日には東京スポーツも「謎の男"千葉ットマン"奇跡の完成度」として一面で取り上げるなど注目度は増すばかりだった。だが、正体に迫る情報はなかなか出てこなかった。

   そうした中、28日放送の情報番組「グッド!モーニング」(テレビ朝日系)が、ついに本人への直撃に成功した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中