2019年 2月 17日 (日)

9月1日がなぜ防災の日なのか知らない NHKあさイチ司会・イノッチは「無知すぎ」か

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日本では、9月1日は「防災の日」として、日頃から災害に備えるようさまざまな活動が行われる。1923年のこの日に発生した関東大震災にちなんで、60年に制定された記念日だ。

   「防災の日は関東大震災に由来する」ということを授業などで教わった記憶があり、常識として知っているという人も少なくないだろうが、NHK「あさイチ」司会のV6・井ノ原快彦さん(38)は「知らなかった」と発言した。視聴者からは驚きや呆れる声が上がってしまっている。

「知らない」イノッチ発言に解説委員も「えっ?」

   2014年9月1日放送の「あさイチ」では、柳澤秀夫解説委員が冒頭から「今日は防災の日ですよねー」と司会の2人に話を振った。

   柳澤氏が「地震だけじゃなくて、広島でも土砂崩れがあったし、なかなか普段防災のことを意識しないけど、今日くらいは防災のこと、身の回りのことを考えるきっかけにしたいなと」と話すと、井ノ原さんがこう言った。

「何で今日防災の日になったのか僕は知らないですけども…」

   これを聞いた柳澤氏は「えっ?」と少々驚いた様子で、「関東大震災が昔あった日」と教えた。井ノ原さんは「あ、そうなんですか?あっ、だから防災の日になってんのか」と本当に初めて知ったようだった。

   有働由美子アナウンサーからも「だから今日改めて、身の回りでちゃんと自分で防災のこと(を考える)」と言われ、「なるほど~」とうなずいていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中