早大、「投資サークル」関知せず NHK「OBが株取り引き不正」報道に抗議

印刷

   2009年に早稲田大学OBらでつくるサークルのメンバーが起こした株価操縦事件が「再来」しそうだ。NHKによると、このサークルの別のOBが不正に株価を釣り上げた疑いがあるとして捜査が進んでいるというのだ。

   だが、NHKが使った「早稲田大学の投資サークル」という呼び名に当の早稲田大学が困惑しており、NHKに訂正を求めている。この「サークル」は早大側に全く届出をしておらず、大学としては実態を全く把握できないからだ。NHKの報道後、早大にはサークルの管理責任を問う声も寄せられたといい、「誤解のない表現になるように注意してほしい」と訴えている。

10年にもサークルの別メンバーが執行猶予付き有罪判決

大学側は「早稲田大学の投資サークル」という呼び方に反発している
大学側は「早稲田大学の投資サークル」という呼び方に反発している

   早大が問題視しているのは、NHKが2014年8月26日早朝4時30分のニュースで「早大投資サークルOB 株取り引き 不正『3億円超利益』」というテロップとともに報じたニュースだ。

   「早稲田大学の投資サークルに所属していたOB2人」が13年、株式のネット取引でウソの注文を大量に出す「見せ玉(ぎょく)」と呼ばれる手口で複数の会社の株価を不正に釣り上げたとして、金融証券取引法違反(相場操縦)の疑いが持たれているなどと報じた。送検取引等監視委員会が14年3月に関係先を強制捜査し、東京地検がOB2人に任意で事情を聴いているという。これだけではニュースで取り上げたのが早大のどのサークルかは分からないが、手がかりになるのがニュースの最後の

「この早稲田大学の投資サークルをめぐっては、4年前にも別のOBらが相場操縦の罪で有罪判決を受けています」

という部分だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中