2018年 8月 21日 (火)

デング熱、明治神宮からも感染者の疑い さらに拡大か

印刷

   デング熱の感染問題で、代々木公園に隣接する明治神宮でも蚊に刺されて感染者が出た疑いがあることが、厚労省の2014年9月4日までの調べでわかった。テレビ朝日などが報じた。

   報道によると、感染者のうち札幌市内の40代女性が「明治神宮を訪れ、蚊に刺された」と話している。こうしたことから、明治神宮は、参拝者に虫よけスプレーを貸し出すなどしているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中