2018年 12月 15日 (土)

朝日慰安婦記事、日本の評価に「悪い影響」71%

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   読売新聞が安倍第2次改造内閣発足にともなって2014年9月3日から4日にかけて行った緊急全国世論調査で、いわゆる従軍慰安婦問題で朝日新聞が行った報道が与えた影響についても聞いたところ、国際社会における日本の評価に「悪い影響を与えた」と答えた人が71%にのぼった。「そうは思わない」は16%にとどまった。

   慰安婦に関する質問は、13個ある質問のうちのひとつで、

「朝日新聞は、いわゆる従軍慰安婦問題について、慰安婦にするために女性を強制連行したとの証言を紹介した過去の記事を取り消しました。また、慰安婦と『女子挺身(ていしん)隊』とを混同していたと誤りを認めました。朝日新聞の過去の記事は、国際社会における日本の評価に、悪い影響を与えたと思いますか、そうは思いませんか」

という問いに対して「悪い影響を与えた」「そうは思わない」「答えない」の3つの選択肢から答えるというもの。「答えない」を選んだ人は13%いた。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中