ウクライナ、親ロシア派が停戦合意 なおも緊張続く

印刷

   ウクライナ東部で軍事衝突を続けていたウクライナ軍と親ロシア派武装勢力は2014年9月5日、停戦に合意し、双方の代表が文書に署名した。ロシアのプーチン大統領が3日示した停戦案を受け入れたもので、日本時間6日午前0時発効した。

   ただロイター通信などは、発効直後にも一部の地域で爆発音があったと報じており、また親ロシア派もあくまで分離独立を目指す姿勢を変えておらず、依然として緊張した情勢が続くものと見られている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中