公開中止になった鳥取城跡キャラ「かつ江さん」 漫画無断使用に市教委「遺憾」

印刷

   「飢餓をちゃかしている」などと批判され公表中止となった鳥取城跡のマスコットキャラクター「かつ江さん」を漫画家の黒鉄ヒロシさんが連載漫画中に許可なく登場させたことを受け、著作権を持つ鳥取市教育委員会が2014年9月9日までに電話で抗議していたことが分かった。

   「かつ江さん」は兵糧攻めで飢えに苦しむ庶民をモチーフにしたキャラクターで市教委が公募で選定した。批判を受けて公開中止を決めた後はキャラクターの2次利用や2次創作、公表を禁止していたが、黒鉄さんは「ビッグコミック」(小学館)で連載中の「赤兵衛」内に許可を得ることなく「かつ江さん」を2度にわたって登場させた。

   市教委文化財課は小学館側に「無断使用は遺憾」と電話口で伝えたという。同課担当者によれば「抗議文の送付は考えていない」とのこと。近く、ビッグコミック担当者が経緯説明に来る予定だという。

   なお、黒鉄さんは毎日新聞の取材に対し「著作権は原作者の男性にあると誤解し、編集者から承諾が取れたと聞いて問題はないと思った」とコメントしている。また、「許可をもらえれば物語はいくらでも膨らむ」と意欲も見せていたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中