小林よしのり氏、「民主党の存在意義」を海江田氏に直撃 議員交流イベント最終回で

印刷

   民主党の海江田万里代表と漫画家の小林よしのりさん、タレントの春香クリスティーンさんが2014年9月28日、「民主党の存在意義」をテーマにパネルディスカッションを行う。

   民主党が開いている若者と議員の交流イベント「民主党大学」の一環として行われる。

   「民主党大学」は、自民党に比べて世襲議員が少ないといった民主党の特徴を若者に知ってもらおうと、これまでに「世代論」「投票率のテーマ」などをテーマに4回にわたってイベントを開催。延べ745人が参加した。今回のパネルディスカッションで「民主党大学」を締めくくる形だ。

   小林さんは保守派の論客として知られるが、14年2月25日のブログでは

「批判されたら必ず民主党の批判で逃げようとする。与党のくせにいつまで子供みたいな逃げ方してるんだ?しかし安倍マンセーの自称保守&ネトウヨは極限の馬鹿だね」

とつづるなど、現在の安倍政権や自民党には比較的批判的な立場だ。春香さんは「国会議員の追っかけ」を趣味にしていることで知られ、政治関連の番組出演も多い。

   参加費は無料で、民主党のウェブサイトで申し込む。締め切りは応募状況をみながら検討する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中