2019年 1月 21日 (月)

豪州が日本の潜水艦10隻を1兆9600億円で購入か?

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   オーストラリアが日本から潜水艦最大10隻を購入する可能性が高まった、とウォール・ストリート・ジャーナルが2014年9月8日付けの日本語電子版で報じた。契約額は200億オーストラリアドル(約1兆9600億円)前後になるという。早ければ年内に契約が成立するという。

   オーストラリアが潜水艦の購入を考えているのは海上国境の防衛、海上交通路の守備、海洋油田・ガス田の巡視などのため。新たな潜水艦を国内で建造する方針を掲げていたが、必要性が迫ったため購入を検討することになった。安倍晋三首相がオーストラリアを訪問した14年7月に日豪防衛関係の協力強化を訴えたことがきっかけで日本製の潜水艦を購入を検討した。日本が販売するのは三菱重工と川崎重工が共同で建造した「そうりゅう型」と呼ばれるもので、世界最大のディーセルエンジンが搭載されているという。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中