2019年 7月 16日 (火)

都内に来ていない千葉市男性、デング熱感染 全国的流行の可能性も?不安募る

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   「デング熱」が猛威をふるっている。海外旅行で感染することが多いと思われていたが、代々木公園(東京・渋谷区)に訪れたという人の感染が多く、厚生労働省(厚労省)が発表した感染者数は、2014年9月8日11時時点で80人に達している。

   そしてついに、最近都内を訪れていないという感染者が現れた。代々木公園周辺を避けていても感染する可能性があることがわかり、国民の不安は募る一方だ。

社会福祉施設に入所する60代男性

新宿中央公園では園内の立ち入りが一部規制されていた(6日編集部撮影)
新宿中央公園では園内の立ち入りが一部規制されていた(6日編集部撮影)

   厚労省は14年9月9日、千葉市の社会福祉施設に入所する60代の男性がデング熱に感染していたと発表した。

   この男性が感染したと思われる時期の海外渡航歴はなく、これまで感染場所の可能性が疑われている、代々木公園、新宿中央公園(東京・新宿区)、明治神宮外苑(東京・新宿区、港区)、外濠公園(東京・千代田区)はもちろん都内にも訪れていなかった。都外でのデング熱感染は初となる。

   男性は8月31日に発熱、倦怠感、食欲不振が確認され、9月2日に入院した。9月8日に血液検査の結果が出て、デング熱に感染していることが確定した。現在も入院しているが容体は安定しているといい、ほかの入所者の感染は確認されていないそうだ。

   施設周辺で感染した可能性があり、厚労省が感染ルートを調べ、国立感染症研究所がウイルスを解析している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中