「Gmail」などアドレスやパスワードの個人情報500万件が公開される

印刷

   グーグルのメールサービス「Gmail」などのアドレスやパスワード約500万件がインターネット上に公開されたと、米メディア「USAトゥデイ」や「The Next Web」などが2014年9月10日に報じた。

   報道によると、少なくとも493万件のアカウント情報がロシアのインターネット掲示板に公開された。ロシア語、英語、スペイン語を使ったユーザーのものが中心だという。

   グーグルは公式ブログで「流出はグーグルのシステムへの不正侵入で発生したものではない」としている。また、同社の調べによると公開されたアカウントで現在も有効なものは2%未満だという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中