2018年 10月 16日 (火)

高速道路を逆走したのは65歳以上が7割 認知症などが4割

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   東日本高速道路など高速道路6社は、重大事故につながる可能性の高い高速道路の逆走に関する調査結果を2014年9月10日に発表した。それによれば、逆走事案の約半数はインターチェンジ(IC)・ジャンクション(JCT)で逆走を開始していて、夜間に約4割が発生。運転者の年齢は65歳以上が約7割、運転者の状態は認知症の疑いや飲酒などによるものが約4割だった。

   これは2011年~13年の交通事故または車両確保に至った逆走事案541件を分析した。14年度からは逆走が複数回発生している全国の33箇所で、大型矢印標示などの視覚的な逆走抑制策やUターン防止ラバーポールなどの物理的な逆走防止策を統一的に実施するとしている。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...