2019年 12月 8日 (日)

三井住友信託と横浜銀が業務提携を検討 他の地銀も参加、新たな再編の核になる?

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

「他の地銀を巻き込むため」公表を急ぐ

   ただ、共同出資会社の出資比率など、提携の具体的な枠組みを詰めるのはこれから。中身がほとんど決まっていないにもかかわらず、公表を急いだ理由について、両行の関係者は「他の地銀を巻き込むためだ」と明かす。両行が詳細を決めた後では、他の地銀は参加しづらいが、早い段階から加われば枠組み作りから関われる。白紙の状態で計画をぶち上げ、他の地銀が参加しやすい環境を作った、というわけだ。

   実際、提携検討の公表後、全国の地銀から問い合わせが相次いでいるといい、提携先は拡大する可能性がある。大都市にしか店舗を持たない三井住友銀は、地銀から見れば競合が少なく、提携相手として安心感があるようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中