安倍首相、誤報を謝罪した朝日新聞に言及 「世界に向かってしっかり取り消しを」

印刷

   安倍晋三首相が2014年9月14日、いわゆる「吉田証言」問題への考えを示した。「日曜討論」(NHK)に出演した首相は、誤報を謝罪した朝日新聞について「世界に向かってしっかりと取り消すことが求められる」と語った。

   首相は「まず『この証言は間違っていた』というFact(事実)を朝日新聞自体が、もっと努力をしていただく必要もある」とし、従軍慰安婦報道の訂正について、朝日新聞により一層の周知努力をするように求めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中