2019年 11月 13日 (水)

「家族のために」「CHAGEさんのために」... 芸能人のASKA復帰コールに視聴者びっくり

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   覚せい剤取締法違反の罪などで懲役3年、執行猶予4年の判決が下されたASKA被告の復帰をめぐり、2014年9月15日にフジテレビ系で放送された「バイキング」で出演タレントたちが議論を交わした。

   司会の坂上忍さんをはじめ、否定的な意見もあったが、多くは「復帰すべき」と回答した。擁護する意見の多さに、視聴者からは「芸能界甘すぎる」と反発を招いた。

6対3で復帰容認派が上回る

バイキング出演者の間では容認論が多数を占めた
バイキング出演者の間では容認論が多数を占めた

   番組のコーナー「坂上忍のバッサリNEWS」で「復帰すべきか?否か?」とのテーマで話し合いが行われた。「ガチな討論会」(坂上さん)として、9人の出演者たちがそれぞれの考えをフリップで提示すると、6対3で復帰容認派が上回った。

   容認派で口火を切った野々村真さんは「ASKAさんは歌を歌って生活している。家族のためにまず歌うべき」と主張。女優の遼河はるひさんは「刑期を終えて、どんな曲を作るのか気になる。いい曲ができたら皆さんの前で歌ってほしい」と続いた。お笑いコンビ「ハマカーン」の浜谷健司さんは、自身もコンビを組んでいることから、「CHAGEさんのために復帰してほしい」と熱く語った。

   さらにIKKOさんは「すべき。マストです」と主張。「支持してくれたファンのために、一番の反省は世の中にさらされて、逃げずに(歌手活動を)やること」と復帰すべきだと力説した。

   出演者の中にも復帰すべきではないという意見はあった。いとうまい子さんは「一般社会で考えると、会社はクビになるし、元の地位ははく奪される」という。坂上さんは容認派の多さに「同じ業界にいるんだから擁護したらだめなんだよ!だめなことをしたら馬鹿野郎でいいんだよ!」と怒った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中