2019年 10月 20日 (日)

孫正義氏の投資嗅覚に「脱帽」 アリババ上場で日本一富豪の座確実に

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

1社だけ投資を「即断即決」したのが、アリババだった

   一方、毎年発表されている米経済誌のフォーブスの「世界長者番付2014年版」によると、ソフトバンクの孫正義社長は資産184億ドル(約1兆8400億円)で、世界第42位、日本人ではトップだった。13年の2倍以上で、米携帯電話3位のスプリント社の買収によってソフトバンク株が上昇したことが貢献した。

   2013年はファーストリテイリングの柳井正会長が日本人トップだったが、順位が入れ替わった。

   アリババの上場で、ソフトバンクが得られる含み益は増えるだろうから、孫社長にしてみれば、日本一の富豪の座を固めたといってもいいかもしれない。

   じつは、アリババに出資した理由について、孫社長は2014年5月に開いた14年3月期の決算発表のときに吐露していた。

   孫社長が出資した当時、もちろんアリババは無名だ。孫社長は2000年に中国を訪れ、現地のベンチャー企業約20社のトップと会談した。その中で1社だけ、「即断即決」で投資を決めたのがアリババだったという。

   アリババの創業者であるジャック・マー氏の印象を、孫社長は「数字をみせてもらったわけでなく、プレゼンテーションの資料があったわけでもない。言葉と目のやり取り。彼の目つきは動物的臭いがした」と話した。

   アリババの上場でソフトバンクの企業価値は高まり、自身の資産をも増やすことになった孫社長の「眼力」には脱帽である。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中