2018年 7月 18日 (水)

三菱重工、韓国人女子挺身隊問題で和解を拒否 ネットでは賞賛の声相次ぐ

印刷

   戦時中に名古屋市内の軍需工場で女子挺身隊員として働かされた韓国人女性らが慰謝料を求めた裁判で、三菱重工は2014年9月18日までに韓国の光州高裁が打診した和解に応じないことを伝えたと、新聞各紙が報じた。日本のネット上では、三菱重工の決定を賞賛する声が相次いでいる。

   報道によると、三菱重工は、この問題は最終的に解決済みだと強調し、もし和解に応じれば、「日本のほかの企業などに影響を及ぼす」と説明したという。和解に応じなかったことで、光州高裁は10月22日に判決を言い渡すとみられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中