2019年 9月 23日 (月)

「軍艦、朝鮮、ハワイ」のかけ声で遊ぶ 「軍艦じゃんけん」に突如注目が集まる

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

「グアム」「沈没」「破裂」などバリエーションがあった

   同時に、かけ声にも違いがあることが分かった。グーは「軍艦」のほかに「グアム」、チョキは「朝鮮」のほかに「沈没」「チョビス」、パーは「ハワイ」のほかに「破裂」などということもあるようだ。親決めの際のかけ声も「せんそう」「ぐんかん」などバリエーションがある。

   J-CASTニュース編集部で聞いてみると、神奈川県、兵庫県の20代、東京都の50代はいずれも「軍艦、朝鮮、ハワイ」。静岡・長野両県で過ごした40代は「軍艦・沈没・ハワイ」。福岡県の30代、徳島県の60代は「初めて聞いた」という。遊びの知名度やかけ声は年代や地域によって変わるというわけではないようで、学校単位で異なるのかもしれない。

   なお、かけ声の内容から察するに戦時中に始まった遊びとみられるが、詳細は明らかになっていないようだ。過去には国立国会図書館の「リファレンス協同データサービス」にも質問が寄せられていたが、「似たような記述の資料はあるが、その始まり、由来についてはわからなかった」という回答だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中