2019年 4月 18日 (木)

為末大さん、「ヒップホップ発言」で謝罪 

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   元400メートルハードル日本代表でスポーツコメンテーターの為末大さんが2014年9月22日、「悲しいかな、どんなに頑張っても日本で生まれ育った人がヒップホップをやるとどこか違和感がある」という21日のツイートについてツイッターで謝罪した。

   「コンプレックスとあこがれが混じるとなれないものになろうとしてしまう」という持論を述べるための一例として提示されたものだったが、ヒップホップファンから猛反発を受けていた。

   22日、「結果的に日本のヒップホップに対する興味が以前より増しました?減りました?嫌いになりました?」というあるツイッターユーザーのリプライに対し「懲りました」と一言。

   「ヒップホップっていっても、ダンス、ラップ、グラフィティ、DJとあるんです」という指摘には「すいませんでした。勉強し直します」と謝罪した。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中