2018年 5月 22日 (火)

「二度と泊りたくない宿」と書かれた旅館 宿泊客へのモーレツ反撃が物議醸す

印刷

   群馬県の草津温泉にある旅館が、「二度と泊りたくない宿」と宿泊予約サイトのクチコミに投稿した客に、客の方こそ横暴な行為をしていたと反撃したことが話題になっている。

   30代の女性という客は、予約サイト「じゃらんnet」に2014年7月12日、旅館を批判する書き込みをした。

客室を壊した上に会計もせず逃げようとした??

   女性は夫婦2人でこの月、源泉掛け流しの露天風呂付和室に計5万円をかけて泊まったというが、「サービスとか、食事は3000円のビジネスホテルの方が良いと思うほど失望」したと明かした。そして、「もう二度と、草津温泉は行きたくないです」と吐き捨てた。

   これに対し、旅館はこの月27日になってクチコミ上で返信し、「客室を壊した上に会計もせず逃げようとした」などと女性側を非難した。女性は韓国人だったのか、「警察を呼び裁判を起こす、韓国領事館に連絡するなど暴言暴挙を3時間もの間繰り返して他の宿泊客や近隣の住民にまで迷惑をかけた」とも指摘した。「御自分の都合が悪くなるとハングル語で話し出し会話にならない!」として、「サービス云々の前に会計はして下さい!」と反論している。

   このやり取りは、ツイッターなどで次第に話題になり、ネット上では、旅館の思い切った書き込みを賞賛する声まで出た。「逆恨みで評価下げるやつに反論出来るようになったのか」「旅館GJだわw」といった反応が出ており、クチコミに投稿した客には、「草津どころか日本に来るな」「住んでるんなら自分の国へ帰れ」といった批判が相次いだ。

   その後、旅館がブログなどで、他の宿泊客についてもマナーなどを非難していることが話題になった。

   旅館では全館で禁煙にしているにも関わらず、客室でタバコを平気で吸ったりしている客がいるなどといったことだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中